係争にはまり込む

車の事故があった場合、交通事故の被害者であっても、事故を起こした相手がミスを一切容認しないケースはたくさん聞くことがあります。ウィリアムヒル

例として、しようとして起こしたかったのではなく注意散漫で相手の車をぶつけられた場合などに、こういった水掛け論につながってしまう可能性があるのです。ロコモアお試し

例えそうであってもそこで自動車のみの損害されて、後で体の変調が現われてから診断書類を警察に提出するというのは対処が遅くなるというのはしょうがなくなります。ボニック

それならば自動車事故の過失割合はどういう風な目処が設けられているのでしょうか。筋トレのし過ぎは逆効果

細かく申し上げますと警察が決めるのは、主に自動車での事故の原因があるのはAかBかという責任の所在であって過失の割合がどうなのかというわけではないのです。ライスフォース

まして、最終的に決められた事故責任者が警察から知らされる事態は全くありません。

「過失割合」は両者のやり取りの結果によって決定されその事が自動車事故の賠償の算定の根拠となる訳です。

この場面で、両方が任意保険に加入していなかった時は当事者がじかに調整します。

だけど、当然の事ながらこういう交渉では、短絡的な問答になるケースが存在します。

互いの主張に相違があれば下手をすると、係争にはまり込む、この場合多くの時間と裁判費用大きな無駄は避けられません。

なのでほとんど互いの事故当事者に付く自動車の保険会社、その互いの会社に調整を委ねるやり方を活用して、適度な過失の割合がどうなのかを冷静に決めさせるのです。

この場合には、保険会社は以前の車での事故の訴訟の判断から計算した判断材料、判例集などをベースに推定と相談によって過失の割合がどうなのかを算出します。

そうであっても自動車での事故のケースでは巻き込まれたのか起こしてしまったのかに関わらず最初に110番するのが鉄則です。

その後で、自動車の保険の会社に連絡をして、その後の話し合いを委任するのが手順となります。

順序さえ知っておけば両者の不毛な水掛け論となる場合を未然に防止できるに違いないのです。

コンテンツメニュー

    Link